黒ずみやブツブツができる原因を探る

Pocket

肌の黒ずみが何故出来るのか知っていますか?

肌に点々とした黒いポツポツがある方はいますか?それは俗にいう「黒ずみ」です。ほとんどの方がこの黒ずみに悩まされていると思います。触ると少しザラザラしてお化粧のノリも良くありません。ファンデーションで隠そうとしても簡単には隠れてくれずそこだけ厚くなってしまう方もいるのではないでしょうか。

女性の大敵、黒ずみの主な原因は2つあります。

それは【皮脂】と【毛穴の開き】です。

お肌のターンオーバーが乱れると角質が剥がれず残ってしまいます。そこに分泌された皮脂が混ざることで、毛穴に残り毛穴を詰まらせてしまいます。これを角栓といいますが、この角栓が酸化した状態が黒ずみなのです。

角栓が酸化するだけではなく、角栓により刺激された毛穴を守るためメラニンが集まり毛穴自体が黒ずんでしまうのも原因と言えるでしょう。つまり皮脂が分泌されやすいところに黒ずみは出来やすいということになります。

皮脂の分泌量が多いところは毛穴も開きやすくなります。結果、角栓も出来やすく黒ずみに繋がってしまうのです。角栓はもともと皮膚のバリヤー機能を正常に働かす為に必要不可欠な存在と考えられています。

なので正しいスキンケアをしてあげていれば黒ずみに変化してしまうことはありません。しかし、ここで出来た黒ずみを放置しておくと角栓が周囲の皮膚とともに固くなり解消することが難しくなります。

皮脂が大好物なアクネ菌が繁殖しニキビが出来やすくなる

アクネ菌は空気が苦手ですので、角栓で蓋をされた毛穴は住みやすい場所になるのです。ニキビが治るのを我慢できず無理やり潰してしまう方もいますが、無理矢理潰すことでクレーターなどの跡になり、自分では治せなくなることがほとんどです。

そうなると皮膚科やサロンに通い治療してもらう方もいらっしゃると思いますが、多額のお金が掛かることになってしまうのです。