女性器の黒ずみやニオイの原因と治し方

デリケートゾーンの黒ずみ

Pocket

女性器(デリケートゾーン)の黒ずみについて考えてみる

女性器(デリケートゾーン)の黒ずみ

女性器のトラブルについて悩んでいる人は意外と多い

・昔に比べだいぶ黒くなってきてきた
・パンツを脱いだだけでと臭いがツーンとくる
・医者とはいえ人に見せる施術は恥ずかしい
・おりものでもないのに似たような臭いがする
・元彼にニオイと黒ずみを指摘された

女性器の黒ずみで悩んでいる女性は少なくありません。

女性器の黒ずみの原因は「メラノサイト」というもので、刺激されるとシミや黒ずみを増やしてしまう細胞です。女性器は下着やアンモニアによる刺激をどうしても受けてしまう部分であり、メラノサイトの活動がより活発になってしまう部分になります。

女性器のできる大きな原因とは?

ホルモンの「影響」や「遺伝」も?

他にも原因として「ホルモンの影響」や「遺伝」が考えられます。加齢や妊娠などによりホルモンバランスが変化しメラニンが増加してしまうことによる色素沈着や、アンモニア以外にも生理用品を長時間使用することで細菌が繁殖したり、蒸れてしまったりして炎症を起こし黒ずみになってしまうこともあります。デリケートゾーンというだけあってケアの方法も慎重に考えなければなりません。

活性酸素を減らすことで黒ずみの進行を抑える

喫煙でも活性酸素は増えてしまうのでたばこを吸われる方は本数を減らすのもいいかもしれません。活性酸素を抑える食品として抗酸化物質食品があります。緑黄色野菜やポリフェノールを含む赤ワイン、お茶、ココアも効果があります。キノコや海藻も抗酸化物質食品の仲間です。

女性器の黒ずみとニオイの治し方

綺麗にしようと思って洗いすぎるとデリケートゾーン付近にいる良い菌までも洗い流してしまうので逆に悪い菌が繁殖してしまうことになります。この良い菌は外部から膣内に入ってくる悪い菌の侵入を防いでくれているので、良い菌が減少するとカンジタ菌によるカンジタ膣炎になりやすくなってしまいます。

洗いすぎには十分注意してください。他の部分と同様に焦らず毎日きちんとお手入れしてあげることが大切です。

軽度の黒ずみ:プラセンタ配合の石鹸も良いが有効

プラセンタ成分を含む泡で洗ってあげるのも対処方法としては良いと思います。プラセンタはメラニンの生成や色素沈着を防ぐだけではなく、女性ホルモンのエストロゲンに働きかけてくれるので綺麗な色に導いてくれます。
積極的に恋愛を楽しめる、臭い・黒ずみに!女性器専用ソープ♪

中度の黒ずみ:女性器専用のクリームなど部位特化アイテムを使う

ここでは、ネットの口コミや始めるにあたっての初期費用や続けやすさを念頭において調査した結果のTOP2をご紹介しています。
上記でも記載している通り、女性器の黒ずみは他の部位と違ってとてもデリケートな部分になりますので、起こる原因も違ってきます。その点、この2つは女性器専用のクリームになっていますので、その辺を考慮され十分にケアできるでしょう。
※「女性器でも脇でもデリケートゾーンでも全身OK!」という商品はすべてにおいて中途半端といえます。

黒ずみやニオイはすぐ治るものではないので、少なくとも3ヶ月は続けたほうが良いでしょう。

女性器の黒ずみケア薬用エッセンス【VL WHITE(ヴィエルホワイト)】

美容クリニックやエステに行かなくても、自宅で簡単に「女性器ケア」が出来る美容液。3種類の美白成分、コラーゲン、さらに保湿成分や、敏感な肌を保護するための成分が贅沢に配合。

女性器の黒ずみ・ニオイ対策のボディーソープ【クリアネオパール】

5種類の洗浄成分によって、キメ細かく濃厚な泡感を実現!高保湿成分サクランと9種類に及ぶ植物性保湿成分を配合。ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ5種類のセラミドなど女性が好む保湿成分も。

(番外編)女性器のニオイ専用保湿美容液ソープ【アンボーテ】

日本で初めてコスモス認証(オーガニック認証団体で認定されるには95%以上がオーガニック)の基準をクリアした女性器ソープでオーガニック成分にこだわった商品。