目元・目の下のクマ(黒ずみ)の原因と治し方

キレイな瞳の女性

Pocket

目元・目の下のクマ(黒ずみ)ついて考えてみる

目元・目の下のクマ(黒ずみ)

目のクマ(黒ずみ)のトラブルについて悩んでいる人は意外と多い

・クマがどんどん濃くなってくる
・スッピンだと10才くらい老けて見える
・寝てるのに「徹夜明け?」と同僚に聞かれる
・シワとたるみがひどい
・目元周りのファンデが濃く、キラキラのラメでごまかす

目元・目の下のクマ(黒ずみ)の大きな原因とは?

見た目が悪いだけではない目の黒ずみ(クマ)。実は大変なんです。

目のクマ(黒ずみ)は寝不足や乾燥に注意!

仕事柄、パソコンに向かっている時間がとても多く、目の疲労から肩こりにつながって、吐き気が起きそうな気分になることもあります。あまりの疲れから余計に眠れないこともあってそんな翌朝はやはり目の下のクマが気になってしまいます。

目の疲れはクマへの第一歩

目のクマは眼精疲労が血流を悪くさせ、慢性化すると目の下には老廃物が蓄積され、活性酸素が発生するそうです。その活性酸素から皮膚を守ろうとするために、メラノサイトが活発化、目の下に色素沈着を起こしてしまい、目のクマ・黒ずみとなってしまうわけです。

目元・目の下の黒ずみ(クマ)の治し方

予防としては、やはり十分な睡眠が必要ですし、パソコンでの作業を1時間続けたら5分は休憩する、目の乾燥を避けるために加湿器を置くなどが挙げられます。

軽度の黒ずみ:長時間同じ体勢を取らず、こまめに休憩

もちろん、肩こりも顔の血流を悪くさせるので、デスクワークでの同じ姿勢を長時間続けるのではなく、適度に休憩を入れて、軽いストレッチを行うことも重要ですね。こめかみや髪の生え際のツボを、手のひらを使ってゆっくりとプッシュすることもオススメ。

中度の黒ずみ:目のクマ専用のクリームなど部位特化アイテムを使う

ここでは、ネットの口コミや始めるにあたっての初期費用や続けやすさを念頭において調査した結果のTOP2をご紹介しています。
上記でも記載している通り、目のクマ(黒ずみ)は他の部位と違って起こる原因も違ってきます。その点、この2つは目のクマ専用のクリームになっていますので、その辺を考慮され十分にケアできるでしょう。
※「目のクマでも脇でもデリケートゾーンでも全身OK!」という商品はすべてにおいて中途半端といえます。

目元・目の下のクマ(黒ずみ)はすぐ治るものではないので、少なくとも3ヶ月は続けたほうが良いでしょう。

困った目の下のクマを本気で改善『アイキララ』

肌リズムを正常化させコラーゲンの産生を促進させることに主眼を置いた成分を配合しているので、お悩みのそもそもの原因を解消する事ができるのです!発売後1ヶ月から生産待ちになった超人気商品!

目元の集中エイジングケア【輝肌アイマスクシート】

「コエンザイムQ10」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」など、 美容成分がたっぷり凝縮した目元用シートマスク。TVを見ながら、家事をしながら、時間を有効に使いながら集中アンチエイジングケア。

(速攻編)見えないシートで24時間しっかり集中ケア!【マジックフェイシャル】

世界初!貼っているのに目立たない!髪の毛の400分の1の超極細繊維で出来た世界初(特許出願中)の目もと専用シート。何も貼っていないような透明感で、1日中”ピンッ”としたハリを実感。