脇の黒ずみやブツブツの原因と治し方

つるつるのワキ美人

Pocket

脇の黒ずみについて考えてみる

脇の黒ずみとブツブツが気になる

脇のトラブルについて悩んでいる人は意外と多い

・自己処理した後の炎症、色素沈着がひどい
・黒ずみ、くすみにプラスしてブツブツもある
・見た目だけでなくニオイも気になる
・夏のオシャレと水着をTシャツなしで着たい
・電車のつり革を持った後、意識的に腕を降ろす

脇の黒ずみは自己処理やリンパの流れに注意!

脇の黒ずみの主な原因は「ムダ毛の自己処理」と「下着による締め付け」が多くの原因にあげられます。

ムダ毛の自己処理

脇のムダ毛を処理するのに多くの方がカミソリか毛抜きを使用していると思います。それらの方法は皮膚を傷めつけているので、体は傷から守ろうと血液循環が活発になりメラニンが増えてしまいます。

肌が修復(ターンオーバー)が遅い脇はほとんど修復される前にまた自己処理をしてしまうことになります。それによって肌を傷めつける行為が続き肌の再生が間に合わず、メラニンも更に増えていきます。そのメラニンが黒ずみへと変化していくのです。

下着による締め付け

他の原因として不衛生な状態にあることと下着による締め付けによるものもあります。脇はリンパが多く集まる場所です。下着で締め付けることによりそのリンパの流れを悪くしてしまいます。それが皮膚へのダメージに繋がり黒ずみが出来てしまうのです。

ですので、他の部分と同じように脇も常に清潔な状態を心がけること、そして自分の体に合った下着を身に着けることが大切なのではないでしょうか。

脇は夏だけではなく、寒い冬でも汗をかきます!

夏よりも汗の量が減る為なかなか気づかず、お風呂で洗い清潔にしているつもりでも意外と不衛生になっている場合があります。よく考えてみると、ニットや厚めの肌着など脇は常に湿度がある状態ですので、当然汗をかきやすくなります。

夏は家だとキャミやノースリーブを着ているので、通気性はよくなっているのです。だからこそ、きちんと洗えなかった皮脂や制汗剤などが毛穴に詰まったり、不衛生な為発生したばい菌により炎症を引き起こし黒ずみを悪化させることになります。

脇専用クリームやなるべく自分で処理しないのが有効!

脇は他人からもよく目につく部分ですし、女性らしさや洗練感が醸し出される部位です。どれだけおしゃれなファッションで身をまとっていても脇が綺麗でなければ台無しです。

ムダ毛の処理

ムダ毛に処理に関しては、脱毛専門店などで処理してもらうか、自宅で出来る脱毛専門器具を購入して、抜いたり剃るなどの処理をしないことが一番だと思います。脱毛専門店のサロンでもお手頃なプランを掲げているサロンもありますし、きちんと専門のプロに依頼した方が早く黒ずみの悩みともお別れすることが出来ます。

自分で出来る対処

脱毛のこと以外に自分で出来る対処としては、美白効果のある化粧水を使ってみたり、重曹を普段使っているボディーソープに混ぜて使用するなどあります。とはいえ、ゴシゴシ洗いは絶対にしないほうがよいので、汚れていても石鹸で落とせるものではありませんので、専用の美容液をつけるのがよいでしょう。
ノースリーブ恐怖症な私が今年は脇美人